読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

耳で覚える方法②

アンサンブル 語学習得法
http://blog.with2.net/link.php?1868060

 

 

 

 

 

 

前回に引き続き耳で覚える方法を書きたいと思います。

 

 


そもそもリテンション(保持)をしたいけれども、聞き取れない人がいると思います。

 

 


CD付きの本を買ってみたはいいけど

 


早すぎて何を言ってるのか聞きとれない......

 

 


こう言うパターン多いですよね

 

 

そういう時は、

 

 

 

 

一度早口で音読してみてください。

 

 

 


ここでは早口ってところがキーポイントです。

 

 

 

5回ぐらいこれをするだけで、あなたのリスニング能力が劇的に上がり、さっきの音声が聞き取れるようになります。

 

 

 

ではなぜこのような現象が起きるのでしょうか??

 

 

 

それは

 

 


人は発音したことがある音しか、聞き取ることができないからです。

 

 


裏を返せば、強制的に自分が発音したことがある状態にすればいいんですよね。

 

 


そうすれば聞き取れるようになります。

 

 

 

 

次にディクテーションという方法があります。

 

 

 

これは音声を聞いた後に

 

機械ををストップさせて、無音の状態です。

 


紙に書き込んでいきます。

 


つまり、リプロダクション(再生)を行うということですね。

 

 


ここでのポイントは、一個の文(ワンセンテンス)毎に音声をストップすることです。

 


そして、答え合わせをして書き出せなかったところをチェックします。

 

 

 

ディクテーションのメリットは

 

 

⑴自分がわからない音が何だったのかわかる

 


⑵書き出すたすために、聞いてる時は凄い音に集中できる

 

 

ところにあります。

 


なので、積極的にやることをお勧めします。

 

 

 

 

ではフランス語に行きます。

 

 

 

今日はこの第4課を扱います。

 フランス語ビデオ講座

 

 

 

 

Quelle eat votre profession

ケレ  ボトゥ  ポフィシィヨン


職業はなんですか??

 


Quelleとは日本語で言う「何の?どんな?」

に当たるものです。


英語のwhatですね。

 

 

 

Moi aussi
モア オッシィ

 

私もそうです。

 

 

英語で言う me tooですね。

 

 

 

Vous aussi
ブゾッスィ   

 

あなたも??

 

 

 

 

 

 

 

 

【仏作文テスト】


初めて会った人を意識して

 

⑴職業はなんですか?


⑵私もそうです。


⑶あなたも?

 

 

 昨日はクリスマスでしたね!

 

Joyeux Noël🎅

 

 

f:id:Oxford-kd:20161227222106j:image

  

 

 

ランキングやっているので、よかったらポチッとお願いします!
人気ブログランキング

 

 

ツイッターはこちらを検索してください!
@Sir_k_d